ブロッコリー

 捨ててしまいがちな茎の部分も、茹でてから皮をむけば、美味しくいただけます! 徳島の「ブロッコリー」。


徳島のブロッコリーの出荷カレンダー

 10月から5月の間に多く出荷されます。
 また、徳島県のブロッコリーの生産量は、全国6位です。

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ブロッコリー

徳島のブロッコリーの紹介

 徳島のブロッコリーは県内全域で栽培されており、また近年、生産が増加している品目です。主な産地は、JA徳島市、JA阿波町、JA板野郡、JA名西郡、JA阿波郡東部などです。

ブロッコリーの歴史

 和名:緑花椰菜(みどりはなやさい)
 英名:Broccoli

 ブロッコリーの原産地は、地中海沿岸といわれています。ケールを起源としており、花の部分を食用とします。日本には明治初期にカリフラワーとともに伝わりました。戦後、食の洋風化にともない普及し、当時はカリフラワーの方が人気がありましたが、昭和50年代後半、緑黄色野菜がブームとなって需要が急増しました。徳島県では、昭和50年代に生産が拡大しました。
 世界の生産量は、中国、インドが多く、次いで米国となっています。米国では、故・ジョージ・H・W・ブッシュ第41代大統領のブロッコリー嫌いが有名でした。


徳島のブロッコリーの活用方法

栄養成分

 ブロッコリーは、カロテン、ビタミンB1、ビタミンCなどが豊富な健康野菜です。

選び方

 ポイントは『茎』、『つぼみ』、『切り口』の3点です。美味しいブロッコリーを選ぶコツは、「全体的にこんもりと丸いもの」「房の先についているつぼみが固く緑色が濃いもの」などです。一部紫色に変色しているものがありますが、これはアントシアン色素が多いためで、茹でると緑色になり、味も緑色のものと変わりません。 低温下育ちの場合に見られることがあります。

保存方法

 1.ポリ袋に入れて、茎を下にして、冷蔵庫の野菜室で保存します。
 2.少し長く保存する場合は、固めに茹でて、水分を切り、密閉袋にくっつかないように入れて、冷凍庫で保存します。


徳島のブロッコリーのPR

徳島のブロッコリーのPR活動

 徳島県農産物消費拡大協議会(事務局:JA全農とくしま)の作成したPRポスターです。「芽吹きの香り ほころぶ おいしさ」、徳島県の代表的な冬春野菜としてブロッコリーをPRしています。