にんじん

春いちばんの甘くてやわらかい徳島の『新にんじん』。
徳島の新にんじん(春にんじん)の生産量は日本一です。

徳島の新にんじん紹介

 寒い冬を越して、春いちばんに全国のみなさんにお届けするために、徳島のにんじんは大型トンネルで大事に育てています。
 雨にあたらず乾燥状態で生育するため、徳島産のにんじんは甘くてやわらかいのが特徴です。徳島の豊かな風土と気候の中でのびのび育った甘くておいしい徳島の新にんじんをぜひご賞味ください!

ワンポイントアドバイス

徳島のにんじんは、大型トンネルで大切に育てています(写真:JA美馬)

β‐カロテンは外側の皮の付近にたくさん含まれています。最近のにんじんは表面を洗浄してありますので、栄養成分の多い外側の皮を剥がさずに食べてください。

にんじんに含まれるβ-カロテンは脂溶性です。上手に吸収するには、ドレッシングをかけたり、油と一緒に調理をすることで吸収力がアップします。

にんじんは水気を嫌います。キッチンペーパーで包んで穴のあいたポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。


徳島の新にんじん 出荷カレンダー

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
にんじん                

にんじんを収穫して出荷するまでの作業工程

1.収穫

収穫適期になるとハウスを取り除き、収穫します。最近では機械による収穫が多くなっています。左写真が機械収穫。中央写真が手掘りによる収穫。

写真:JA板野郡住吉支所

2.箱詰め

収穫後、選果場があるJAもしくは個人宅に運びます。収穫されたにんじんを洗い、泥などをきれいに落とします。その後、規格別(大きさ別)に箱詰めをしていきます。

写真:JA板野郡大山支所

写真:JA徳島市

3.出荷

箱詰め後、品質・鮮度を維持するため予冷庫で冷やし、トラックで日本全国へにんじんを届けます。

写真:JA美馬

写真:JA板野郡板西支所

出荷先:東北・関東・信越・北陸・東海・近畿・中国・四国

出荷時期:3月中旬~5月

徳島県では、品質の良いおいしいにんじんを作るため、品種試験や品質査定会を実施しています。

写真:JA板野郡管内

写真:東京都中央卸売市場大田市場

写真:大阪市中央卸売市場