カリフラワー

 食卓に白い華を! 味も食感も体にもやさしい花野菜、徳島の「カリフラワー」。


徳島のカリフラワーの出荷カレンダー

 10月~6月にかけて多く出荷されます。
 また、徳島県のカリフラワーの生産量は、茨城県、熊本県に次いで全国3位です。

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カリフラワー

徳島のカリフラワーの紹介

 徳島のカリフラワーの主な産地は、JA徳島市、JA板野郡、JA徳島北、JA名西郡などです。

 カリフラワーは未発達のつぼみである「花蕾(からい)」の部分を食用としますが、この花蕾は生育中、日光に当ると黄色く日焼けし、純粋さを失い、見た目も悪くなります。このため、栽培期間中は外葉を折り、直接日光に当たらないように大事に育てられています。
 また、花蕾はスレにも弱く、強く手で触れた箇所から変色してしまうので、カリフラワーはブロッコリーと違い、外葉をつけたままの状態で出荷しています。

カリフラワーの歴史

 和名:花甘藍(はなかんらん)
 英名:Cauliflower

 カリフラワーの原産地は、地中海沿岸といわれています。ケールを起源とするブロッコリーの突然変異と言われており、花蕾の部分を食用とします。日本には、明治初期にブロッコリーとともに伝わりました。戦後、食の洋風化にともない普及し、当時はブロッコリーより人気がありましたが、昭和50年代後半、緑黄色野菜がブームとなって人気が逆転しました。徳島県では、昭和40年代に生産が拡大しました。
 世界では、中国、インドで多く生産されています。インドでは「タンドリーゴビ」などの料理で人気のある野菜です。


徳島のカリフラワーの活用方法

栄養成分

 カリフラワーには、鉄、リン、カリウム、ビタミンB2・B6・Cが含まれています。特にビタミンCの含有量は高率で生食なら100g中81mg。オレンジジュース1杯分の約2倍です。

保存方法

 1.ポリ袋に入れて、茎を下にして、冷蔵庫の野菜室で保存します。
 2.少し長く保存する場合は、固めに茹でて、水分を切り、密閉袋にくっつかないように入れて、冷凍庫で保存します。

調理方法

 酢を加えて湯掻くとサクサクとした食感になります。


徳島のカリフラワーのPR

 徳島は、全国でも上位のカリフラワー生産県です。