白菜

 冬は鍋に最適! 吉野川が育てる徳島の「白菜」。


徳島の白菜の出荷カレンダー

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
白菜

徳島の白菜の紹介

広大な土地に野菜畑が広がる「善入寺島」

 徳島の白菜は、吉野川の恵みを受けた肥沃な土壌で栽培されており、主な産地は、JA市場町、JAアグリあなん、JA徳島市などです。

 特に、県内出荷量の大半がJA市場町で生産されており、吉野川の中流域、川の中にある無人島としては日本最大の面積を誇る「善入寺島(ぜんにゅうじとう)」や、その北岸を中心に盛んに栽培されています。

 白菜はどんな料理にもぴったり合います。冬には鍋を中心に消費が伸び、年間を通じて中華料理やキムチ、漬物等いろいろな料理に使われます。

白菜の歴史

 和名:白菜(はくさい)
 英名:Chinese Cabbage

 白菜の原産地は、中国北部といわれており、10~11世紀頃から栽培されていました。日本には、明治時代の初期に導入されましたが、当時は栽培に失敗したそうです。その後、品種改良がおこなわれ、大正時代から明治初期に全国に普及しました。
 世界では、中国や韓国などで生産されており、日本にも輸入されています。


徳島の白菜の活用方法

栄養成分

 ビタミンCや食物繊維が多く含まれています。

選び方

 外葉は色鮮やかで、白い部分につやがあり、全体的に重くてしっかりしているものを選びましょう。

保存方法

 1.新聞紙に包み、冷暗所に立てて保存します。
 2.新聞紙が湿ってきたら取り替えます。
 3.夏場は、ラップに包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。


徳島の白菜の産地紹介

 吉野川が育てる肥沃な土壌で高品質な白菜が栽培されています。

 冬の間は白菜の葉をひもなどで包み保存し、畑で収穫のときを待ちます。

 収穫された白菜はその場で外葉を取り箱に詰められ、JAの集荷場に持って行きます。

 集荷場に集められた白菜は予冷施設に入れられ、品質を保つため一度冷やしてから各市場に出荷されます。