大葉

自然豊かな神山で栽培される特産物。徳島産『大葉』。

徳島の大葉紹介

徳島県では、自然豊かな山あいの町、JA名西郡管内の神山町で栽培されています。主な出荷先は京都と神戸。7月~8月を中心に出荷しています。

JA名西郡鬼籠野(おろの)選果場にて、大葉を集荷しています。10枚を一束にして、20束(100枚)入りの20パックで出荷しています。

鮮度の見分け方及び保存方法について

つやがあり、緑色が濃く、葉全体がピンと張っており、香りがあるものを選びましょう。保存条件は、8℃で保存するのが一番良いのですが、乾燥するとしおれるため、湿気を持たせることも重要になります。

大葉は天ぷらや酢のもの、寿司、刺身のつま、そうめんや冷奴などに刻んで入れたりすることで、風味が増しおいしくなります。また、最近は肉や魚に巻いてフライにする食べ方も人気が高くなっています。出荷最盛期が夏場なので、ぜひそうめんに大葉を刻んで食べてください!

徳島の大葉 出荷カレンダー

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
大葉