れんこん

 肌の白さと香り、シャキシャキ感とホクホク感の両方が楽しめる、徳島の「れんこん」。


徳島のれんこんの出荷カレンダー

 11月頃から出荷量が増えて品質が安定します。特に年末には「おせち料理」向けの需要が増えます。
 また、徳島県のれんこんの生産量は、茨城県に次いで全国2位です。

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
れんこん

徳島のれんこんの紹介

 徳島のれんこんは吉野川の下流域を中心に栽培されており、主な産地は、JA大津松茂、JA徳島北、JA板野郡、JA徳島市です。露地栽培やトンネル栽培、ハウス栽培を組み合わせて、一年を通して出荷されています。

 徳島のれんこんは、肌の白さと、独特の香りが特徴です。料理によってシャキシャキ感とホクホク感の両方が楽しめることも魅力です。

れんこんの歴史

 和名:蓮根(れんこん)
 英名:Lotus root

 れんこんの原産地は、中国またはインドといわれています。花びらの落ちた後の実の部分が蜂(ハチ)の巣に似ていることから「ハチス」と呼び、それが略されて「ハス」となったそうです。日本では、江戸時代から観賞用と食用を兼ねて栽培され、食用として本格的に栽培されたのは明治以降のことです。徳島県には、明治40年代に栽培が始まり、その後、昭和30年代になって普及しました。
 世界では、中国などで生産されており、日本の輸入先も中国が大勢を占めています。


徳島のれんこんの活用方法

栄養成分

 れんこんには、ビタミンC、カリウム、食物繊維、タンニンなどが含まれています。
 タンニンは、ポリフェノールの一種で、れんこんの切り口が茶色くなる原因の成分です。

選び方

 ○ ふっくらとして、丸みがあるもの。
 ○ 色は自然な淡黄色で、みずみずしいもの。
 × 切り口が茶色に変色しているものは避けましょう。

保存方法

 1.ラップに包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。
 2.または、湿らせた新聞紙に包み、ポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存します。

調理方法

 れんこんの料理といえば、天ぷらや煮物、炒め物、サラダなどが定番です。
 れんこんの皮を剥く場合は、縦方向にピーラーで剥くと簡単です。切った後は、すぐアク(灰汁)抜きをします。シャキシャキ感を出したい場合は、酢水につけて、調理の加熱時間は短めに。ホクホク感を出したい場合は、水につけて、火をしっかり通します。
 なお、鉄鍋で煮ると色が黒くなるので注意しましょう。


徳島のれんこんのPR

「徳島県れんこんの日」のPR活動

 11月8日は、「徳島県れんこんの日」。

 これは、徳島県のれんこんをPRするため、徳島県蓮根消費拡大協議会(事務局:JA全農とくしま)が制定した記念日です。

 11月はれんこんの出荷量が増え、品質もしっかりしている時期であることと、「1・1・8=いいはす=良い蓮」の語呂合わせからこの日が選ばれ、平成24年(2012年)8月に日本記念日協会により記念日登録されました。

 徳島のおいしいれんこんを、よろしくお願いします。

店頭用POP

オリジナルのPOPです。店頭用などにご活用ください。

小サイズ

大サイズ

神戸本場での試食PR

 神戸市中央卸売市場とタイアップのもと、市場職員、仲卸業者、量販店バイヤーほか買出人などの市場関係者を対象に、れんこんを含む徳島県産の青果物を使った試食品(大根のおでん、焼き芋、れんこん汁)を早朝より提供しました。徳島県産青果物の「味」を再認識していただくことを目的とし、試食した関係者からは、「美味しい」と大変好評でした。

調味料メーカーとの共同消費宣伝の実施

 各調味料メーカーとタイアップのもと、量販店にて試食宣伝販売を実施しました。双方の持ち味を生かした試食メニュー提案を行うことで試食されたお客様からも「美味しい」と大変好評でした。

キユーピー株式会社

オタフクソース株式会社

株式会社ミツカン

れんこん大使による店頭での試食宣伝活動

 「れんこん大使」は産地で研修を行った専属の販売員であり、主に量販店の売場にて試食提供を行います。普段は「きんぴら」や「天ぷら」など簡単なメニューの提案をしています。

消費地の料理教室とのタイアップ

 京阪神地区を中心に運営している料理教室とタイアップし、受講生に本県産れんこんのPRを行いました。レシピカードの配布を通じたメニュー提案のほか、特長や使用法なども説明しました。講習を通じてより多くの方に「れんこんと言えば徳島県産」と言っていただけるよう取り組みました。

徳島県庁食堂での特別メニュー提供によるPR

 11月8日に合わせて、11月5~9日にかけて徳島県庁食堂でれんこんの特別メニューを提供しました。
 また、食堂内ではポスターや卓上用のミニのぼりなど設置させていただき、期間中は多くの利用者に対し 効果的なPRができました。
 特別メニュー:れんこん汁、れんこんの天ぷら、れんこんのお好み焼き