なると金時

徳島の温暖な気候と、海のミネラルをたっぷり含んだ砂地で育てる自慢の逸品!徳島のブランドさつまいも『なると金時』。

「なると金時」は平成19年4月20日、特許庁から地域団体商標としての登録が認められました(商標登録第5043110号、権利者:全農)。

徳島のなると金時紹介

良質な砂地がおいしいなると金時を作り出します。

 なると金時は徳島の北東部の砂地地域(鳴門市、北島町、松茂町、徳島市)で盛んに栽培されています。
 なると金時は今や全国区の人気を誇る徳島の自慢の特産物になり、焼きいもならなると金時! と言われるようになりました。
 特徴は一言「甘い!」。甘いと言ってもものすごく甘いわけでなく、あえて表現すれば「品のある甘さ」。じっくりと味わって違いを感じてみてください! オーブントースターでただ焼いただけのものを食べると、素材の味が実感できますよ。
 おいしさの秘密は、土壌にあります。従来からの砂地である砂丘畑と、海砂を客土(砂を運んでくる)した砂地畑で栽培されており、水はけのよい海水のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で、質の良いなると金時が作られます。
 収穫は主に晩夏~秋にかけてですが、貯蔵することにより1年を通して出荷しています。

なると金時の栽培風景

なると金時の名前の由来

なると金時の花

 高系14号を系統選抜し、表皮が赤く、味・形の優れたさつまいもが育種され、昭和55年頃この地域で生産されるさつまいもを「なると金時」と命名しました。高系14号とは、早堀り用の品種で、四国や九州地方で多く栽培されています。

保存方法及び栄養分について

 冷蔵庫ではなく、水気を避けた冷暗所で保存してください。栄養分はビタミンCやビタミンB1が多く含まれ、食物繊維も豊富に含んでいます。

なると金時への取り組み

 県下全体の青果物の中でもトップの取扱量・売り上げを誇るなると金時。この地位を維持するとともに今後ますます発展していくため、JA全農とくしまを中心に、各JA、各市場、徳島県と協力して、消費宣伝や食育活動にも力を入れています。

PR活動

神戸本場での試食PR

 神戸市中央卸売市場とタイアップのもと、市場職員、仲卸業者、量販店バイヤーほか買出人などの市場関係者を対象に、だいこんを含む徳島県産の青果物を使った試食品(大根のおでん、焼き芋、蓮根汁)を早朝より提供しました。本県産青果物の「味」を再認識して頂くことを目的とし、試食した関係者からは、「美味しい」と大変好評でした。

調味料メーカーとの共同消費宣伝の実施

 キユーピー株式会社とタイアップのもと、量販店にて試食宣伝販売を実施しました。試食メニューは「きのことさつまいものごま和え」、なると金時の甘さや食感にごまや豆乳のドレッシングが良く合います。試食されたお客様からも「美味しい」と大変好評でした。

スーパーにて店頭販売PR

 徳島県の移動ブランドショップ『新鮮なっ!とくしま号』とともに、日本全国のスーパーで徳島県の農作物の紹介をしています。なると金時では、JAや生産者が参加して料理紹介や試食をしてもらって味の良さを知ってもらったり、店頭販売や焼きいもの無料配布等を実施しています。

詳しい日程等は徳島県庁の

新鮮なっとくしま通信

「さつまいもの日」に向けたPR

 10月13日が「さつまいもの日」であることをふまえ、消費地の一つである大阪において「なると金時」のPRを行いました。当日は1日3回の先着100名への無料配布、さつまいもに関するクイズ、さつまいものつかみどり、産地でのレシピをもとにした大学芋の販売などを通じて、「なると金時」に関する情報提供と食味の良さをアピールしました。年齢を問わず、幅広い年代の方にご参加いただき大変喜ばれました。

食育活動について

 子供たちにどのようにサツマイモができているのかを実際に栽培して経験してもらうため、京浜や京阪神の小学校にJAの担当者や市場担当者が出向き、食育活動に取り組んでいます。また、実際に徳島に来てもらい収穫体験をしたり、料理作りを体験してもらう取り組みもしています。

小学校における出張栽培授業

なると金時の収穫体験

徳島の特産物を使った料理作りにチャレンジ

県内JA紹介

JA里浦

商品名:里むすめ

JA徳島市

商品名:甘姫

JA大津

商品名:JA大津なると金時

JA松茂

商品名:松茂美人

JA板野郡(北島支所)

商品名:JA板野郡なると金時

JA徳島北大毛経済センター

商品名:JA徳島北なると金時