しいたけ

 生産量日本一! 肉厚で香りが高いのが特徴、栄養も満点! 徳島の「生しいたけ」。


徳島のしいたけの出荷カレンダー

 菌床栽培により、周年栽培をおこなっています。
 また、徳島県の生しいたけの生産量は、全国1位です。

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
しいたけ

徳島の生しいたけの紹介

 徳島の生しいたけの主な産地は、JA徳島市を中心に、JAアグリあなん、JA名西郡、JA東とくしま、JA阿波みよしなどです。

 しいたけは、主に椎(しい)の木に生えることからこう呼ばれています。日本、中国、朝鮮半島、インドネシアに分布しています。食用としての歴史は古く、平安時代には干したものが貴族の食膳にのぼり、ビタミン補給に役立ったそうです。
 収穫の時期によって、3~5月に収穫される春子、6~8月の夏子、9~10月の秋子、11~2月の冬子と名前が変わって区別されます。

 徳島の生しいたけは、肉厚で、香り高いのが特徴です。生しいたけは和洋中の料理のバリエーションも豊富です。また、そのまま焼いて、すだちをかけるだけで大変美味しくいただけます。

写真:JA徳島市眉山椎茸パックセンター

しいたけの歴史

 和名:椎茸(しいたけ)
 英名:Shiitake

 しいたけの原産地は、アジアの熱帯地域といわれており、中国や日本も含まれます。日本では、野生のものは平安~鎌倉時代には食用とされていたようです。江戸時代に栽培が始まり、昭和の後半には原木栽培に代わって菌床栽培が増加しました。徳島県では、平成元年(1989年)頃から菌床栽培に移行し、生しいたけの周年栽培が可能となりました。


徳島の生しいたけの活用方法

栄養成分

 生しいたけは、炭水化物(糖質と繊維質)とたんぱく質が主な成分となっています。その他にも、カルシウム、鉄分などの無機質やビタミン類なども含まれています。特にビタミンB群については野菜の2倍以上含まれています。また野菜には含まれていないビタミンDを多く含んでいます。

選び方

 かさはぽっちゃり肉厚、あまり開いていないもの、カサの裏のヒダがはっきりしていてきれいなものを選びましょう。

保存方法

 1.生しいたけは、あまり保存には向きません。
 2.保存する場合は、傘を下にして、新聞紙に包み、ポリ袋に入れて、密閉せず、冷蔵庫の野菜室で保存します。


徳島の生しいたけのPR

徳島の生しいたけのPR活動

 日本一の生産量を誇る徳島の生しいたけを全国にPRするため、JA全農とくしまの作成したポスターです。あつみよし、かおりよし、うまみよし、三拍子揃った徳島の生しいたけをよろしくお願いします。

神戸にて産地PR

 徳島県庁のとくしまブランド課と協力して、移動ブランドショップ「新鮮なっ!とくしま号」を活用し、日本全国を駆け巡り、産地PRを展開しています。JA徳島市南部しいたけ部会の皆様が美味しいしいたけ料理を作ってくれました。

調味料メーカーとの共同消費宣伝の実施

 キユーピー株式会社とタイアップのもと、量販店にて試食宣伝販売を実施しました。ゆず香るさっぱりした味つけに、試食されたお客様からは「美味しい」と大変好評でした。


徳島県の生しいたけの産地紹介

JA徳島市

眉山支所

多家良支所(南部しいたけ部会)

八万支所
佐那河内支所

JA東とくしま

上勝支所
勝浦支所

JA阿波みよし

JAアグリあなん

JA麻植郡

JA名西郡

JA阿波町

JA美馬