すだち

 毎日の食卓に、さわやかな味覚と風味をお届けします。
 徳島県の誇る香酸柑橘類(こうさんかんきつるい)『すだち』。


すだちのレシピについて詳しく見る

徳島のすだち紹介

 すだちは、徳島原産の果物です。
 徳島県での生産量は全国の9割以上を占め、全国第一位です。
 すだちの歴史は古く、一説には万葉の昔から徳島に原生していたとも言いますが、文献では本草学者・貝原益軒(かいばらえきけん)の著「大和本草(1706年)」に「リマン」という果物の記載があり、これを同じく本草学者の小野蘭山(おのらんざん)が「大和本草批正(1800年頃)」の中で「阿州方言ぬだちと云。」と注釈を加えました。これが徳島県(阿波国)のすだちのことだと考えられています。

 徳島県では、2~300年前からすだちを食用の果実として育てていたようです。現在では、すだちは徳島県を代表する特産物となっており、1974年にはすだちの花は徳島県の県花に指定されています。また、1993年に開催された東四国国体においてイメージキャラクター「すだちくん」が生まれ、今も徳島県のマスコットとして県民に愛され、県のイメージアップに大活躍しています。
 漢字で書くと「酸橘(すだちばな)」等、英名は「Citrus Sudachi(シトラススダチ)」。すだちの小さな実が持つ、きりりとした風味を、ぜひご賞味ください!


徳島のすだち 出荷カレンダー

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
すだち(露地すだち)                  
すだち(ハウスすだち)            
すだち(冷蔵すだち)            

すだちの使い方と活用方法

搾って使う

すだちを横に二つ切りにして、いろいろな料理に搾りかけます。

擦って使う

よく水洗いしたすだちを皮のまま擦り、付け汁に加えたり、わさびに混入しても風味が出ておいしくいただけます。

料理のグレードアップ

 すだちはそのすがすがしい香りと、さわやかな酸味で、あらゆる料理を引き立てます。
 秋の味覚、サンマ焼きにはすだちが欠かせません。松茸の土瓶蒸しにも、すだちを加えることで香りが一層豊かになります。
 うどんの薬味にもすだちがおすすめです。

減塩効果

 すだちを醤油などの調味料の代わりに使うことによって、塩分を控えることができます。
 また、すだちに含まれているカリウムには、体内の塩分を排出させる効果があるとされます。

保存方法

 ポリ袋に数個入れて、空気を抜き冷蔵庫に入れてください。緑色が長持ちし、風味を損ないません。
 また、長期保存する場合は、搾汁して小ビンに入れ冷蔵庫で保存してください。


すだちの栄養価

すだちvsレモン成分比較表

●可食部100g当たり(五訂食品成分表より抜粋)

成分 すだち果汁 すだち果皮 レモン果汁 レモン全果
たんぱく質(g) 0.5 1.8 0.4 0.9
カルシウム(mg) 16 150 7 67
カリウム(mg) 140 290 100 130
鉄(mg) 0.2 0.4 0.1 0.2
ビタミンA(カロテン)(μg) Tr 520 6 26
ビタミンE(mg) 0.3 5.3 0.1 1.6
ビタミンC(mg) 40 110 50 100

※Tr(トレース)は、含まれているが食品成分表の最小記載量に達していないことを示す。


すだちの消費宣伝活動

 私たちJA全農とくしまでは、徳島県や県内JAと連携し、徳島県すだち・ゆこう消費推進協議会の活動を通じて、移動ブランドショップ「新鮮なっ!とくしま号」や「すだち大使」とともに、全国各地のイベントへの参加や量販店で試食宣伝販売をおこなうなど、すだちの積極的なPRを展開しています。
 今後とも、徳島県産すだちをよろしくお願いします。

「新鮮なっ!とくしま号」でのPR

イベントでのすだちのつかみ取り

「すだち大使」による消費推進活動