かぶ

 まろやかな甘みが自慢! 漬物、サラダ、煮物に最適、徳島の「かぶ」。


徳島のかぶの出荷カレンダー

  • 出荷量多い
  • 出荷量普通
  • 出荷量少ない
品目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
かぶ

徳島のかぶの紹介

 徳島のかぶの主な産地は、JA板野郡、JA徳島市、JA麻植郡、JAアグリあなん、JA名西郡などです。

 かぶは根の大きさによって、小かぶ・中かぶ・大かぶに分けられ、徳島では小玉サイズの「小(こ)かぶ」が多く栽培されています。キメ細やかな真っ白な肌と、繊細な甘みが絶妙の徳島のかぶ。煮物やサラダ、スープなど、旬の冬場にはぜひ味わってみてください。

かぶの歴史

 和名:蕪(かぶ/かぶら)
 英名:Turnip

 かぶの原産地は、アフガニスタン周辺または地中海沿岸といわれています。日本には、弥生時代に伝来し、奈良時代の歴史書「日本書紀」には、持統天皇の時代に「五穀(主食)を補う作物」として梨や栗とともに栽培が推奨されたと記されています。だいこんとともに、春の七草の一つ(菘=すずな)として親しまれている野菜です。
 世界では、民話「おおきなかぶ」で有名なロシアの他、トルコ、インドなどで生産されています。


徳島のかぶの活用方法

栄養成分

 葉には、β-カロテンやビタミンCが豊富に含まれ、白い根の部分には、ビタミンB1やB2、カルシウムなどがバランスよく含まれています。また、でんぷんを分解する酵素のアミラーゼも豊富に含まれています。

選び方

 ○ 肌のきめが細かく、ひび割れがなく、白くてつやつやしているもの。
 ○ 葉付きは、葉の緑が濃いもの。

保存方法

 1.根と葉を別々に切り分けます。
 2.根は、新聞紙に包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。
 3.葉は、霧吹きなどで湿らせて、ラップで包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。

調理方法

 かぶ自身には独特の甘みがあります。これをいかすために、味付けは薄めにするように心がけましょう。和風の場合なら、砂糖は使わずにみりんを少量用いるのがコツです。また、かぶを煮るときには、火の通りが早いのですぐ柔らかくなります。煮すぎてせっかくの歯ざわりの良さを損なわないように気をつけましょう。かぶはアクが少ないので下ゆでの必要もありません。だしを入れて直接煮てもおいしく食べれます。


徳島のかぶの産地紹介

かぶの栽培風景

露地栽培とトンネル栽培を組み合わせて栽培しています。写真はトンネル栽培の風景。

JA板野郡かぶ紹介

 JA板野郡は、市場評価が非常に高いかぶの産地です。JA板野郡では、高志支所、松坂支所、栄支所、藍園支所を中心に出荷しており、各支所を取りまとめる「かぶ連絡協議会」を設けて、重点推進品目に指定して栽培・販売に力をいれています。

白いダイヤと称され、品質の良さが自慢です。

JA板野郡栄支所選果場風景

予冷施設

JA板野郡の商品紹介

JA徳島市かぶ紹介

 昭和40年頃から、水稲の裏作として加茂名支所を中心に栽培が始まりました。

JAアグリあなんかぶ紹介

 一級河川である那賀川流域の河川沿いで栽培されており、JAアグリあなんのかぶはとても高品質なかぶが生産されるということで、市場から高い評価を受けています。播種から収穫までの期間が、小かぶで約60日、中かぶで約90日。露地栽培とトンネル栽培との組み合わせにより、10月から4月までの長期間出荷をしています。

JAアグリあなん大野選果場風景

JAアグリあなんの商品紹介

小かぶ

大かぶ