新着情報

2018年09月10日

JA全農とくしま 園芸部

「第23回目黒のさんま祭り」ですだち大使が徳島県産スダチのPRをおこないました

 「目黒のさんま祭り」が9月9日、東京都JR目黒駅東口の駅前商店街で開催され、「すだち大使」をはじめ徳島県や神山町、JA名西郡、当県本部職員が参加し、徳島県産スダチをPRしました。

 この祭りは1996年から商店街活性化のために毎年開催されており、旬のサンマを求めて今年も大勢の人で賑わいました。
 岩手県宮古市から送られた新鮮なサンマ7,000匹と徳島県神山産スダチ10,000個が振る舞われ、目黒通り一帯は食欲をそそる「焼きサンマ」の香りに包まれました。午前9時の時点で2,500人が長蛇の列をなし、来場者は次々に炭火で焼かれたサンマにすだち大使から配られたスダチを搾り、旬の味に舌つづみを打っていました。

 また、徳島県の移動ブランドショップ「新鮮なっ!とくしま号」も会場に乗りつけ、来場者がすだちくんに質問したり、すだち大使が地元ならではのスダチの食べ方を披露するなど、多くの来場者を楽しませていました。

「目黒のさんま祭り」公式ホームページ別窓表示

サンマにすだちを添えるすだち大使の内容を表示

サンマにすだちを添えるすだち大使

「新鮮なっ!とくしま号」でPRするすだち大使の内容を表示

「新鮮なっ!とくしま号」でPRするすだち大使