新着情報

2019年01月21日

JA全農とくしま 畜産部畜産課

「平成31年初生牛初セリ市」を開催しました

 1月17日、当県本部畜産課は、板野郡上板町の上板畜産センターにて「平成31年初生牛初セリ市」を開催しました。

 徳島県内や兵庫県などの畜産農家から生後約60日の初生牛137頭の出場があり、全頭の取引が成立しました。初生牛1頭あたりの平均価格(税込)は286,768円となり、年明けにふさわしい初セリ価格での取引となりました。

 生産基盤の縮小など畜産業界は厳しい情勢が続いていますが、当県本部畜産課では本年も徳島県の牛の資質向上に取り組み、畜産事業の維持・活性化に繋げてまいります。

(参考)上板畜産センターの牛セリ市情報(2019年カレンダー等)

出場を待つ初生牛の内容を表示

出場を待つ初生牛

初生牛初セリの様子の内容を表示

初生牛初セリの様子