新着情報

2019年01月21日

JA全農とくしま 営農対策部

「第32回園芸技術講演会(徳島大会)」が開催されました

 1月18日、名西郡石井町の徳島県立農林水産総合技術支援センターにおいて、「第32回園芸技術講演会(徳島大会)」が開催され、生産者、JAグループ関係者、徳島県、業界関係者など約100人が参加しました。
 (主催=公益財団法人園芸植物育種研究所、共催=徳島県、全農徳島県本部、有限会社竹内園芸)

 この講演会は、農業の新たな園芸技術の普及拡大を目的として全国各地で開かれているもので、今回は徳島県での開催となりました。

 講演は、近畿大学生物理工学部の星岳彦教授による「地域活性化に資する中小規模園芸施設のスマート化」、また、農研機構の石井雅久主席研究員による「異常気象、温暖化、燃油高騰など様々な外的要因に抗うための園芸技術を考える」がおこなわれ、参加した生産者からは次々に質問が出されていました。

公益財団法人 園芸植物育種研究所(HP)別窓表示

あいさつをおこなう大西公宏県本部長の内容を表示

あいさつをおこなう大西公宏県本部長

講演の様子の内容を表示

講演の様子