新着情報

2019年05月31日

JA全農とくしま 生産資材部農業機械課

「完全自動飛行ドローン実演会」を開催しました

 5月30日、当県本部農業機械課は、JA板野郡管内の圃場において、同JA職員および当県本部職員など関係者約30人参加のもと、「完全自動飛行ドローン実演会」を開催しました。

 農業機械課では、令和元年度(2019年度)の重点実施策として「次世代農業機械導入の提案」を掲げており、今回は株式会社ナイルワークスの農業用ドローン「Nile-T18」の説明と実演をおこないました。

 このドローンは、事前に測量機で圃場の形を測量し、タブレットに登録することで飛行経路を自動設定し、薬剤の自動散布をおこなうことができます。また、搭載したカメラでリアルタイムに圃場データを取得し、稲の生育状況を把握することもできます。

 参加された関係者の方々は、機能や操作方法などを熱心に確認されていました。

ナイルワークスの農業用ドローン「Nile-T18」の内容を表示

ナイルワークスの農業用ドローン「Nile-T18」

圃場での実演の様子の内容を表示

圃場での実演の様子