新着情報

2019年09月10日

JA全農とくしま 園芸部園芸販売課

「第24回目黒のさんま祭り」にて、すだち大使が徳島県産スダチの配布とPRをおこないました

 9月8日、東京都品川区のJR目黒駅東口の駅前商店街において、「第24回目黒のさんま祭り」が開催され、すだち大使をはじめ、徳島県、神山町、JA名西郡、当県本部職員などが参加し、徳島県産スダチの配布とPRをおこないました。

 この祭りは、落語の「目黒のさんま」にちなみ、平成8年(1996年)から同商店街の活性化のために毎年開催されており、今年も旬のサンマを求めて大勢の人で賑わいました。今年は深刻な不漁により、生のサンマが確保できなかったため、昨年水揚げされた冷凍物のサンマ7,000匹が用意されました。早朝から炭火で大量のサンマが焼かれ、目黒通り一帯は食欲をそそる「焼きサンマ」の香りに包まれました。

 この日、首都圏では台風15号が接近していたため、予定を繰り上げて午前9時前に開場しました。焼きサンマに合わせて、徳島県神山産のスダチ10,000個が振る舞われ、すだち大使の前田愛実さんらがスダチを配布しました。来場者は焼きサンマにスダチを搾りかけ、旬の味に舌鼓を打っていました。

 また、徳島県の移動ブランドショップ「新鮮なっ!とくしま号」も会場に乗り入れ、各産地のPRや、すだちくんのステージ、天恵連の阿波おどりなどがおこなわれ、多くの来場者を楽しませていました。

目黒のさんま祭り(公式HP)別窓表示

すだち大使の前田愛実さんが参加し、徳島県産スダチの配布をおこないましたの内容を表示

すだち大使の前田愛実さんが参加し、徳島県産スダチの配布をおこないました

大量のサンマを炭火で焼く様子の内容を表示

大量のサンマを炭火で焼く様子

スダチの配布には長蛇の列ができましたの内容を表示

スダチの配布には長蛇の列ができました

サンマとスダチのマリアージュは最高です!の内容を表示

サンマとスダチのマリアージュは最高です!

「新鮮なっ!とくしま号」でのオープニングセレモニーの様子の内容を表示

「新鮮なっ!とくしま号」でのオープニングセレモニーの様子