新着情報

2019年10月02日

JA全農とくしま 米穀畜産部米穀総合課

シンガポール明治屋「JA全農秋の収獲祭」にて徳島県産米の販売・PRを実施しました

 9月20日~29日の10日間、本会はシンガポールのスーパーマーケット「シンガポール明治屋」にて「JA全農秋の収獲祭」を開催し、当県本部からは米穀総合課が出展して徳島県産米の試食販売・PRをおこないました。

 店内では、令和元年産の新米・徳島コシヒカリの品質の高さと食味の良さをPRし、炊き立てのお米の試食販売を実施したところ、多くのお客様から「やっぱり新米はおいしい」と高い評価をいただきました。

 また今回は、お米を購入された方全員に、徳島県のマスコットキャラクター「すだちくん」のクリアファイルなどをプレゼントし、徳島県の農産物をPRしました。

 シンガポールへの徳島県産米の輸出は平成21年(2009年)より継続しており、明治屋のお米の売上は近年低迷しているとのことでしたが、「阿波そだちコシヒカリ」は定番商品として定着しており、今回のフェアも大盛況でした。

シンガポール明治屋別窓表示

シンガポール明治屋での徳島県産米の販売の様子の内容を表示

シンガポール明治屋での徳島県産米の販売の様子

当県本部から米穀総合課の職員が参加しましたの内容を表示

当県本部から米穀総合課の職員が参加しました